ARTS & ROUTES あわいを
たどる旅

00013924
特別展

菅江真澄の旅と記録を起点に、
近世・近代、そして現代の美術のあわいをたどる

江戸時代後期に活動した紀行家で博物学者の菅江真澄※は、三河国に生まれながらも、東北各地をくまなく歩き、秋田にも長く滞在しました。様々な土地でフィールドワークを行い、そこにある文化習俗、風土、宗教や儀式、生活の様子などを図絵と言葉、ときに詩なども詠み、丹念に残していきました。真澄のこの活動は、地域の様子や歴史を伝える記録として価値があるだけでなく、表現としても高く評価されるべきものです。また、約200年前に真澄が残した記録をたどり、その表現としての価値を再考することは、写真や映像などの複製技術が発達し、それらによる記録が芸術表現においても大きな地位を占めるようになった現在においては非常に重要なことでしょう。
本展は、様々な媒体により表現される芸術自体が、多様な領域の”あわい”にあるものということを改めて意識した上で、「旅と表現」をひとつの主題とするものです。秋田公立美術大学はフィールドワークやリサーチを軸としたプロジェクト型のアート活動を多数展開し、新しい芸術領域の創造を探求しています。「ARTS & ROUTES -あわいをたどる旅-」は、真澄の描いた図絵を手掛かりに真澄をたどるプロジェクトを起点とし、現代のアーティストたちが制作した作品に加え、美術館や博物館の収蔵作品・資料なども交え、出来事や時間などかたちをもたないものを過去から現在へと至る多様な表現の混交により、展覧会へと描き出す試みです。

キュレーター/服部浩之

菅江真澄
秋田県立博物館蔵

※菅江真澄(1754-1829)
江戸時代後期の紀行家、博物学者。三河国(愛知県東部)に生まれ、本草学・医学、漢学などを修めた後、30歳で故郷を旅立ち信州から東北、北海道を巡歴。48歳で再び秋田入りしてからは秋田領内にて生活や民俗、歴史、地理、文学、考古など多岐にわたる内容を日記や地誌、随筆として絵と文章とで記録した。

服部浩之

服部浩之/インディペンデント・キュレーター
1978年愛知県生まれ。2006 年早稲田大学大学院修了(建築学)。アジアを中心に展覧会やプロジェクト、リサーチ活動を展開する。アーティスト・イン・レジデンスを主要事業とするアートセンターに約10年間勤務し、その傍らで独自にアートスペースを営み、公共空間のあり方を様々なかたちで探求する。主な企画に、「Nadegata Instant Party “24 OUR TELEVISION”」(国際芸術センター青森、2010 年)、「MEDIA/ART KITCHEN」(ジャカルタ、クアラルンプール、マニラ、バンコク、青森|2013-2014年)「あいちトリエンナーレ2016—虹のキャラバンサライ」(愛知県美術館ほか、2016 年)、「Going Away Closer」(ウィフレド・ラム現代美術センター、ハバナ、2017 年)、第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示「Comso-Eggs | 宇宙の卵」(2019年)。秋田公立美術大学大学院 准教授。

秋田県立近代美術館 特別展 ARTS & ROUTES あわいをたどる旅

フィールドワークとリサーチを手掛かりに、様々な領域のあわいから生まれる「旅と表現」の現在を探求するプロジェクト
会期

2020年11月28日(土)~
2021年3月7日(日)
(休館日:12月29〜31日及び、1月13〜22日)

開館時間

9:30~17:00(入館16:30まで)

展覧会会場

秋田県立近代美術館
(秋田県横手市赤坂字富ケ沢62-46 秋田ふるさと村内)
TEL:0182-33-8855

観覧料

一般1,000 円(800 円)/高校生・大学生500 円(400 円)

※中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体および前売の料金
※学生料金は学生証提示
※障害者手帳提示の方は半額(介添1名半額)

主催

ARTS & ROUTES 展実行委員会(秋田県立近代美術館・AAB秋田朝日放送)・秋田公立美術大学

EVENT

PROJECT

「菅江真澄プロジェクト」 
菅江真澄の記録と表現の軌跡をたどる。

石倉敏明/唐澤太輔

本プロジェクトでは、真澄の実践を手掛かりとしながら、フィールドワークとリサーチ、あるいは観察と発見から生まれる表現の可能性について、人類学者と哲学者を中心に、考古学者、アーティスト、郷土史研究者らを招き、多角的な視点で考察してきた。これらの考察・探求を踏まえた上で、本展では『菅江真澄遊覧記』の様々な写本、真澄のことば、真澄に迫ったアーティストの作品、そして様々な芸術家が繰り返し描いた秋田の暮らしや風景を、テーマごとに時代や文脈を超えて併置することで、記録と表現の〈あわい〉に迫ることを試みた。

『「ARTS & ROUTES -あわいをたどる旅-」トラベルガイド』/デザイン:吉田勝信・梅木駿佑 ※本展来館者特典の真澄プロジェクト紹介冊子
石倉敏明

石倉敏明/人類学者
1974年東京生まれ。明治大学野生の科学研究所研究員。1997年より、 ダージリン、シッキム、カトマンドゥ、東北日本各地で聖者や女神信仰、「山の神」神話調査をおこなう。環太平洋圏の比較神話学に基づき、論考や書籍を発表する。近年は秋田を拠点に、北東北の文化的ルーツに根ざした芸術表現の可能性を研究する。著書に『Lexicon 現代人類学』(奥野克巳との共著・以文社)、『野生めぐり 列島神話をめぐる12の旅』(田附勝との共著・淡交社)、『人と動物の人類学』(共著・春風社)、『タイ・レイ・タイ・リオ紬記』(高木正勝CD附属神話集・エピファニーワークス)など。第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示「Comso-Eggs | 宇宙の卵」(2019)に参加。 秋田公立美術大学 准教授。

唐澤太輔

唐澤太輔/哲学者・文化人類学者
1978年、兵庫県神戸市生まれ。2002年3月、慶応義塾大学文学部卒業。2012年7月、早稲田大学大学院社会科学研究科・博士後期課程修了(博士〔学術〕)。日本学術振興会特別研究員(DC-2〔哲学・倫理学〕)、早稲田大学社会科学総合学術院・助手、助教などを経て、現職。人類が築き上げてきた民俗・宗教・文化の根源的な在り方の探求を、知の巨人・南方熊楠(1867~1941年)の思想を通じて行っている。著書に『南方熊楠の見た夢―パサージュに立つ者―』(勉誠出版)、『南方熊楠―日本人の可能性の極限―』(中公新書)など。秋田公立美術大学大学院 准教授。

『「ARTS & ROUTES -あわいをたどる旅-」トラベルガイド』/デザイン:吉田勝信・梅木駿佑 ※本展来館者特典の真澄プロジェクト紹介冊子

「秋田人形道祖神プロジェクト」
疫病などの災いから人々をまもる民間信仰の神様と地域コミュニティの交わりを追う。

小松和彦/宮原葉月

郷土史家の小松和彦とアートクリエーター宮原葉月は、2018年に秋田人形道祖神プロジェクト(ANP)を立ち上げる。人形道祖神とは、疫病などの災いが入ってこないように村境や道端に祀られている人形神で、現在も秋田県内陸部などに多数存在する。ANPの特徴は、人形道祖神そのものの造形的な魅力や意味だけでなく、その制作者や制作過程に焦点を当て、地域の人々にとっての意味や位置付けを、制作するコミュニティの人々との関係を紡ぐことで明らかにしていく。
本展では、人形道祖神をつくる地域のコミュニティやキーパーソンを丁寧に紹介することで、彼らが調査研究を進める過程を公開する。地域における営みと結び付きの過去と現在、未来をつなぐルポルタージュである。
https://dosojin.jp

グローバル資本主義社会における旅のかたち
グローバル資本主義社会における旅のかたち
小松和彦 宮原葉月

小松和彦/郷土史家
1976年、秋田市生まれ。青山学院大学史学科卒業(考古学)。秋田市で工芸ギャラリー・小松クラフトスペースを運営するかたわら、秋田県内の郷土史研究を行う。著書に『秋田県の遊廓跡を歩く』(渡辺豪との共著・カストリ出版)、『村を守る不思議な神様』(宮原葉月との共著)、『新あきたよもやま』(秋田魁新報電子版コラム)など。

宮原葉月/アートクリエイター
神奈川県横浜市生まれ。上智大学外国語学部イスパニア語学科卒業。2008年よりイラストレーターとして活動開始。国内外の広告、プロダクト、書籍のイラストを描く。代表作に銀座ソニービル壁画の制作、『ピンクとグレー』(加藤シゲアキ著、KADOKAWA)、『服を買うなら、捨てなさい』(地曳いく子著、宝島社)の装画など。2017年より秋田市在住。

左:『村を守る不思議な神様』書影
右:《幻の泥塑天子(どうそてんし)を探して》2020/Photo 草彅裕 ※本展出品作品

「移行する旅の記憶」
アメリカニゼーションと放浪のイメージについての考察。

岩井成昭

岩井成昭はグローバル社会における旅と表現のかたちを、資本主義的消費と密接に結びついた自動車による旅へと遡行することから模索するプロジェクトを展開した。 旅と表現から真っ先に連想するのは1960-70年代のアメリカン・ロード・ムービーと、岩井は言う。
展示室中央にはヴェールに包まれた、1963年にフォード社が製造したマーキュリー・モントレーをモチーフとした黄色い実寸モデルが鎮座する。石油を原材料とするスチロール素材を成型し、当時の独特な姿を再現したアメ車を提示することは、現代社会の均質化や画一化した文明批評に対する疑問を投げかけているようにも思われる。

グローバル資本主義社会における旅のかたち
グローバル資本主義社会における旅のかたち
小松和彦 宮原葉月

岩井成昭/美術家
1989年東京芸術大学修士課程修了。国内外の特定地域における環境やコミュニティーの調査をもとに多様なメディアで作品を制作し、国際展やAIRを中心に発表。1990年代から多文化状況をテーマに、欧州、豪州、東南アジアにおける調査を進める。2010年からはプロジェクトベースの「イミグレーションミュージアム・東京」を主宰。その一方で、拠点を秋田におき、秋田公立美術大学の大学院「複合芸術研究科」の新設に参与したほか、同地で「辺境芸術」を標榜するなど、さまざまな活動を並行して進めている。秋田公立美術大学 教授。

《to the point of no return...帰らざる場所へ》2020 ※本展出品作品

「移動とエコロジー」
菅江真澄の描いた「木」を通して生態系の移ろいを考察し、植生の移動を追う。

長坂有希

長坂有希は、秋田公立美術大学生が展覧会企画などを実践的に学ぶ展覧会ゼミの招待作家として、2019年度に秋田市で滞在制作と個展を実施した。その際に、菅江真澄が描いた木に着目し、実際に描かれた木たちを訪ね、その体験をもとに真澄が描いた木を模写することを軸にした、インスタレーション作品を制作した。
本展では、木は個ではなく植生という集団として存在しているという気づきと、青森県出来島海岸の最終氷期埋没林との遭遇を起点として、移動とエコロジーを模索するプロジェクトを展開する。
物語を創作の核に据える長坂は、フィールドリサーチから得た素材や知識を、作家とある科学者との対話という物語に編纂する。植物たちの移動をテーマにしながらも、移動を繰り返してきた作家自身の経験を踏まえ、間接的に人の移動と定住についても探求する、ユニークな作品である。

旅と逗留、記録と創造の現在:アーティスト・イン・レジデンス エスノグラファー、あるいはドキュメンタリストとしてのアーティスト
旅と逗留、記録と創造の現在:アーティスト・イン・レジデンス エスノグラファー、あるいはドキュメンタリストとしてのアーティスト
長坂有希

長坂有希/アーティスト
1980年大阪府生まれ。テキサス州立大学芸術学部卒業、国立造形美術大学シュテーデルシューレ・フランクフルト修了。2012 年文化庁新進芸術家海外研修制度によりロンドンに滞在。2020年より香港城市大学クリエイティヴ・メディア学科博士課程に在籍。リサーチとストーリーテリングを制作の主軸とし、遭遇した事象の文化的、歴史的、または科学的な意義や背景の理解と、作者の記憶や体験が混じりあう点に浮かび上がるものを、様々な媒体をつかい表現している。主な展覧会に「予兆の輪郭-トーキョーアーツアンドスペース レジデンス2019 成果発表展-」(TOKAS本郷、2019年)、「Quatro Elementos」(ポルト市立美術館、2017年)、「マテリアルとメカニズム」(国際芸術センター青森、2014 年)、「Signs Taken in Wonder」(オーストリア応用美術・現代美術館MAK、2013 年)など。

展覧会ゼミ

2019年度展覧会ゼミ/秋田公立美術大学学生
服部浩之による展覧会をつくるためのノウハウを学ぶ、秋田公立美術大学の学生を対象とした自主ゼミ。キュレーションやマネージメントに関心のある学生が集まり、月2回の頻度で読書会(理論編)と展覧会の企画運営(実践編)行う。2019年度は、長坂有希によるプレ展覧会「木:これから起こるはずのことに出会うために/Trees:Audition for Drama still to Happen」(2019年11月18日〜2020年1月12日)の企画運営・制作サポートを行った。/講師:服部浩之/マネージメント:石山律/2019年度ゼミ生:朝倉泰臣・武田彩莉・谷口茉優・宮本しおり・乙戸将司・須川麻柚子・伊東陽菜・三井晴香

左:《われらここに在り、漂う森をおもう》2020/Photo 草彅裕 ※本展出品作品 作家解説の様子
右:《木:これから起こるはずのことに出会うために》2019/BIYONG POINTギャラリー/Photo 萩原健一 ※2019年プレ展示の様子

「境界と移動のシステム」
境界と移動の構造を、物質の身体性と人の行為の介入から読み解く。

迎 英里子

これまで屠畜、貿易、婚姻など時間の流れとともに展開される社会システムをモチーフとした作品を生み出してきた迎英里子は、ひとやものが国境などの境界を超えて移動する仕組みに着目し、調査と制作を進めた。迎は社会システムを視覚化するために、容易に入手可能な物質を組み合わせることで抽象的な立体をつくり、それらを人が動かすことによってシステムの構造をなぞるようなパフォーマンスをする。
本作では作家自身ではなく複数のパフォーマーに行為を委譲することで、仕組みや構造がより客体化されたかたちで提示される。果たしてひと(もの)は移動しているのか、あるいは移動させられているのかと、人は考えを巡らせる。しかしそれらはただの布でできた物質なのである。それが床に放られた音が響く。

旅のメカニズム
旅のメカニズム
迎 英里子

迎 英里子/アーティスト
1990年兵庫県生まれ。2015年京都市立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。 屠畜・石油の採掘・国債など社会や自然界にある不可視のシステムをモチーフに、その動きのメカニズムを再構成した等身大の装置を制作している。作者が装置を用いて決められた動作をすることで、システムを実際に作動させるパフォーマンスを行う。 主な展覧会に「予兆の輪郭-トーキョーアーツアンドスペース レジデンス2019 成果発表展-」(TOKAS本郷/東京)、「不純物と免疫」(TOKAS本郷/東京、BARRAK/沖縄、2018年、Bangkok Biennale/バンコク、2018年)、「新しいルーブ・ゴールドバーグ・マシーン」(KAYOKOYUKI・駒込倉庫/東京、2016年)など。秋田公立美術大学 助手。

左:《アプローチ 6.1》2020/Photo 草彅裕 ※本展出品作品
右:《アプローチ6.0》2017/京芸transmit program 2017、京都/Photo Takuya Matsumi

「記憶と記録の再編集」
1960年生まれの男の記録をねずみの視線で再編集する。

藤 浩志

多様な作品を制作する藤浩志の創造の根源には、収集と分類整理への強い衝動がある。「記憶と記録の再構成」というプロジェクトにおいて《Chuta Report 【チュウタの観察帖】》と題された作品を提示する藤は、これまでの自身の活動を圧倒的他者の視点に立って観察することを試みた。長年その活動を写真や映像、資料だけでなく、ことばでも記し、特にインターネットを手にしてからはブログを活用して、その時々の思考を書き留めてきた。彼は度々、架空のキャラクターを生み出し、自身の経験を軸に小さなフィクションも交えることで、その活動を他者の目線で紹介する作品を展開してきた。 本展では、藤の膨大な資料群を彼自身が遡り、そこから抽出したものやことばを再構成し展開する。コロナ禍における非接触型の作品としてリモート環境へと鑑賞者を誘うだけでなく、直接的にものや人と対面できない状況を逆手にとって記録について思考を促す構造となっている。

記憶と記録
記憶と記録
長坂有希

藤 浩志/アーティスト
1960年鹿児島生まれ。京都市立芸術大学在学中演劇に没頭した後、地域をフィールドとした表現を模索。同大学院修了後パプアニューギニア国立芸術学校に勤務し原初的表現と文化人類学に出会う。バブル崩壊期の土地再開発業者・都市計画事務所勤務を経て土地と都市を学ぶ。「地域資源・適性技術・協力関係」を活用した美術表現を志向し、全国各地でプロジェクトを試みる。日常の素材を活用した「ヤセ犬の散歩」「お米のカエル物語」「Vinyl Plastics Connection」「Kaekko」「藤島八十郎をつくる」「Jurassic Plastic」等。NPO法人プラス・アーツ副理事長、NPO法人アーツセンターあきた理事長。株式会社藤スタジオ代表取締役。秋田公立美術大学 教授。

左:《Chuta Report 【チュウタの観察帖】》2020/Photo 草彅裕 ※本展出品作品 作家解説の様子
右:SYDNEY SYDNEY FESTIVAL2018招待作品《Jurassic Plastic》 2018/シドニータウンホール

「AKIBI複合芸術プラクティス 旅する地域考」
秋田を旅し地域と芸術について探求する3年間の試み。

「旅する地域考」(以下、旅考)は、秋田を様々な人と旅をすることで、アーティストや企画者などの表現者や、地域に還元可能な創造的視点をもった運営者や実践者を育てる人材育成プロジェクト。2018年に設立され、秋田県内特定の土地の密度の高い集団による移動(旅)を軸に、2018年から19年にかけて計4回実施してきたが、2020年はオンラインでの開催となった。 本展では、展示室2に2020年度旅考の参加者が制作した作品を集めて展示し、展示室を出た先のスロープに旅考アーカイブから選出した写真やテキストによりこれまでの活動を紹介する。

「AKIBI複合芸術プラクティス 旅する地域考」
「AKIBI複合芸術プラクティス 旅する地域考」

岩井 成昭(秋田公立美術大学 教授)・岸 健太(秋田公立美術大学大学院 准教授)・石山 友美(秋田公立美術大学 准教授)・小熊 隆博(合同会社みちひらき)・柳澤 龍(Share Village Project)

旅する地域考2019「辺境を掘る 夏編」の様子/Photo Yoma Funabashi

ACCESS

秋田県立近代美術館

〒013-0064秋田県横手市赤坂字富ケ沢62-46(秋田ふるさと村内)

Tel:0182-33-8855/Fax:0182-33-8858

Twitter:@akitamma

http://www.pref.akita.jp/gakusyu/public_html/

秋田県立近代美術館
JRとバス JR横手駅東口からバス「ふるさと村行き」でふるさと村下車
乗用車 秋田自動車道横手インターより3分
※車イス対応の駐車場がございます。ご利用の際は美術館にお電話ください。
高速バス 高速バス湯沢・秋田線「横手インター入口」下車徒歩10分
※「横手インター入口」は、秋田行きの乗車のみ・湯沢行きは降車のみです。

新型コロナウイルス感染症対策を実施しております。対策の詳細や最新情報
につきましては、美術館ウェブサイトをご確認の上お出かけください。ご来
館の際はマスクの着用にご協力ください。

グラフィックデザイン

プロジェクトベースの活動やリサーチ、そのプロセスを展覧会へと描き出す本展のグラフィックは、山形県在住のデザイナーへ依頼。デザイナー数名によるチームをつくり、領域のあわいをたどり表現するアーティストのように、共にリサーチを重ね、プロジェクトに応じて変化するグラフックデザインを展開。吉田勝信(ディレクション)/梅木駿佑(グラフィックデザイン)/北村 洸(ウェブコーディング)


企画運営/NPO法人アーツセンターあきた

秋田公立美術大学が設立したNPO法人。美大のリソースを活かした地域連携事業を担い、大学広報にも取り組んでいる。本事業では、服部浩之監修のもと企画運営を担当。岩根裕子(全体統括)/藤本悠里子(菅江真澄プロジェクト企画運営)/石山律(出展作家及び展覧会ゼミコーディネート・菅江真澄プロジェクト資料調査)/高橋ともみ(テキスト編集・レポート記事作成)


インストール

  • 設営統括=船山哲郎
  • 設営=尾花賢一(菅江真澄プロジェクト作品運搬設置)/須賀亮平(映像機器設営)
  • 作品制作補助=長沢桂一(岩井成昭作品制作)/櫻井隆平(岩井成昭作品制作)/國政サトシ(岩井成昭作品制作)/チェ・シヨン(岩井成昭作品制作)/宮本一行(岩井成昭作品制作)/鄭伽耶(岩井成昭作品撮影)/船山哲郎(迎英里子作品制作)/萩原健一(映像制作)/越後谷洋徳(秋田人形道祖神展示構成デザイン)/株式会社藤スタジオ(藤浩志作品制作)/荒達宏(ジャーナル什器制作)
  • 看板制作=吉田勝信/荒達宏(荒大工)/大江よう(text)
  • サポートスタッフ=武田彩莉/谷口茉優/三待あかり/瀬川早紀/高橋琴美/田村久留美/堀江侑加/伊東陽菜/結城亮/渡邉泰地/早坂葉/石田愛莉/後藤那月/岡本真実

資料提供・協力

秋田県立博物館/秋田県埋蔵文化財センター/横手市教育委員会/佐藤養助商店/青森県立郷土館/大館市栗盛記念図書館/赤川與之助/阿仁合コミューン/越前谷康/小岩直人(弘前大学 教育学部)/杉田久志(雪森研究所)/星崎和彦 (秋田県立大学 生物資源科学部) /山田孝男(岩手山岳ガイドクラブ)/佐々木守(岩手山岳ガイドクラブ)

NEWS