arts center akita

  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • アートを楽しむ
  • 物語をつむぐ

卒展・専攻展で見たあの作品も!
学生による「AKIBI ARTs MARKET 2020」開催中

2020.02.21

秋田公立美術大学の学生が展覧会形式で作品を展示販売する「AKIBI ARTs MARKET(アキビ・アーツマーケット)」がフォンテAKITA6階の秋田公立美術大学サテライトセンターで始まりました。作品の売上金は作家へと支払われ、今後の活動資金となります。2月21日〜24日の4日間。もっと身近に、秋美のアート!

「AKIBI ARTs MARKET 2020」開催中!

秋田公立美術大学の学生が展覧会形式で作品を展示販売する「AKIBI ARTs MARKET」が2月21日(金)、秋田公立美術大学サテライトセンター(フォンテAKITA6階)で始まりました。4年生と大学院生による卒業・修了展が終わったばかりのこの時期、秋田公立美術大学とNPO法人アーツセンターあきたが昨年から始めた試みです。

会場には、1年から4年の学生14人の作品約300点がずらり。4年生からは、ものづくりデザイン専攻の3人が参加。卒展に出品したそれぞれの器が会場を彩っています。

撮影・編集:伊藤達也

卒展や専攻展などに出品された作品も並ぶ「AKIBI ARTs MARKET 2020」

人が意図するものを超えた自然現象の美しさ

今年の卒展で、その大胆な制作方法と繊細さ、美しさで注目を集めたのが加藤正樹(ものづくりデザイン専攻4年)の≪Pendulum≫シリーズです。

pendulumとは、振り子のこと。自ら制作した装置の振り子に合わせて白い磁器土が上から下へと滴り落ち、それを回転する石膏型が受け止めてかたちが出来上がります。「人の意図の限界を超える自然現象の美しさに着目。振り子運動と回転の運動を組み合わせた」という加藤の発想によって、人の手を介さずに生まれた器の姿が魅了します。本シリーズはこの度、秋田公立美術大学学長賞を受賞しました。

揺れ動く振り子の軌道が幾重にも重なり、形作られた

加藤はこの≪Pendulum≫シリーズのほか、ドラム缶で焼成し、おが屑で燻したアメリカン楽焼の器も展示販売。赤、黄、緑、黒、銅などに鈍く光る土肌が目を引きます。

アメリカン楽焼

カスタマイズした工芸品

陶芸や漆芸など複数の工芸技法を組み合わせた作品を制作する正保千春(ものづくりデザイン専攻4年)は、卒業制作でもある≪うつわカスタマイズ≫を出品。これは工芸技法に“カスタマイズ”を組み入れた試みです。
「工芸品を使い手に合うようにカスタマイズすることで、道具としての機能性が変化するのではなく、新品の道具には決して存在しない、個々の使い手の個性が与えられる」と正保。複数の技法によって“カスタマイズ”が可能となります。

素体となるのは、誰もが目にしたことのある器の典型的なフォルムやロングライフデザインとされる器をモチーフとしたもの。これに好みの図案を色漆で塗布してカスタマイズする

卒展では毎朝、パンを焼いて作品と共に食卓を演出した松下直史≪bread dishes≫から、カップ&ソーサーや土鍋、シュガーポットなど