arts center akita

  • facebook
  • twitter
  • youtube

ギャラリーの一角に、不思議なたたずまいを見せているのが佐々木大空(ビジュアルアーツ専攻3年)の作品。音の出る作品、音が出せる作品を作る佐々木は、今回、専攻展にも出品した楽器を並べました。電気のスイッチを使って弦を響かせる≪ツケテケス≫、合板で作った打楽器≪オクタベ≫などを展示販売しています。

≪おとのかぶりもの≫は頭にかぶって演奏。ホルンのような響き

巨大な玉ねぎのような形が目を引く≪おとのかぶりもの≫は、ホースの管と木製のベル部分を持つ楽器です。演奏者はこの楽器を頭からかぶり、内部のホースの穴に唇を当てて空気を送り込みながら唇を振動させて音を発します。そのため、トランペットやホルンなどの金管楽器と同じ発音原理を持つとのこと。また、唇を振動させながら同時に声を出して演奏すると、特殊な音を奏でることもできます。

また、≪radio made radio≫は、画家であり音楽家のルイジ・ルッソロが騒音や雑音を音楽として演奏するために創作した「イントナルモーリ」から着想を得た作品。ラジオから発せられるノイズを複数使用することで異なった周波数のノイズを重ねます。佐々木は、「その中に潜む不規則なリズムやうねるような高音に耳を傾けられる。本来は情報を持ったはずの話し声や歌声が騒音に変化する逆転現象も」と解説。その他、佐々木が制作した楽器を写真で見ることもできます。

足し算≪主張≫

足し算(ビジュアルアーツ専攻2年 伊藤達也、景観デザイン専攻2年 岩崎一耕)による≪主張≫の素材は、自転車のチューブやタイヤ。リサイクルされることなく廃棄される運命にあるタイヤやチューブに、可能性を見出し、大きく羽ばたく翼に。本作品はリサイクルアート展において審査員特別賞を受賞しています。

松山さくら(アーツ&ルーツ専攻3年)は、アクリル画や油彩画などを出品。鳩の形をしたサブレから発想した≪サブレの哲学≫のシリーズは、さまざまな形に切り取ったアクリル画が壁面を飾ります。専攻展にも出品した≪あれ≫は、日常生活の中にふと現れ出てくる感覚をインクで描いた線画のシリーズ。「◯◯のような」という感覚を名付けることなく≪あれ≫と表現した作品が並びます。

≪サブレの哲学≫(奥)と≪あれ≫(手前)

ジャンパースカートやアクリル画、ピンバッジなどが並ぶ小林真由(ものづくりデザイン専攻3年)の空間

「AKIBI ARTs MARKET 2020」は24日(月祝)まで。作品をお買い求めいただくと、売上金は作家へと支払われ、今後の活動資金となります。ぜひ足をお運びください!

Information

AKIBI ARTs MARKET 2020

AKIBI ARTs MARKETチラシダウンロード
Facebookイベントページ

◼︎開催期間:
2020年2月21日(金)~2月24日(月祝)10:00~18:00※最終日は17:00まで
◼︎会  場:
秋田公立美術大学サテライトセンター(秋田市中通2-8-1フォンテAKITA6階)
◼︎出  品  者:
正保千春(ものづくりデザイン専攻4年)、加藤正樹(ものづくりデザイン専攻4年)、松下直史(ものづくりデザイン専攻4年)、佐々木大空(ビジュアルアーツ専攻3年)、松山さくら(アーツ&ルーツ専攻3年)、小林真由(ものづくりデザイン専攻3年)、足し算(ビジュアルアーツ専攻2年・伊藤達也、景観デザイン専攻2年・岩崎一耕)、大場明、佐々木きらら、髙橋小春、服元彩、藤澤萌、松森萌佳(以上1年)ほか
◼︎お問い合わせ:
NPO法人アーツセンターあきた
TEL.018-888-8137 FAX.018-888-8147
info@artscenter-akita.jp

※入場無料
※お支払いは、当日現金払いのみの対応とさせていただきます。

  • アートを楽しむ
  • 物語をつむぐ

関連記事