arts center akita

  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • アートを楽しむ
  • プレスリリース

生活と表現が交わる広場としての展覧会 「200 年をたがやす」
未来を創造するための身体と感覚を整える場に

2021.07.31

生活と表現が交わる広場としての展覧会「200 年をたがやす/Cultivating Successive Wisdoms」。創造の現場をひらく約 3 ヵ月の「つくる」会期を経て、その成果をかたちにする場「みせる」会期が、7 月 1 日(木)にオープン!

(撮影:草彅裕)

生活と表現が交わる広場としての展覧会

秋田市文化創造館のオープニング特別事業として開催中の生活と表現が交わる広場としての展覧会「200 年をたがやす/Cultivating Successive Wisdoms」(主催:秋田市、企画・制作:NPO 法人アーツセンターあきた)。創造の現場をひらく約 3 ヵ月の「つくる」会期を経て、その成果をかたちにする場、会期「みせる」が、7 月 1 日(木)にオープンしました。

インディペンデントキュレーターの服部浩之(秋田公立美術大学特任准教授)を全体監修に迎えるとともに、建築家の海法圭(海法圭建築設計事務所)が参画し、特徴的な建築構造をもつ会場・秋田市文化創造館の館内外をダイナミックに生かして「新たな公共性」を模索。未来に向けて新たな創造的行為を誘発するための展示空間が出現しました。

天窓から自然光が差し込むスタジオAには、アーティスト・村山留里子のカラフルでありながらも濃密なオブジェや、農民彫刻家と称し農業や社会運動と創作活動を並行して実践した皆川嘉左ヱ門による重厚な彫像等を配置。さらに、海法圭の提案による「200 年の橋」と題する空間を横断する構造物が立ち上がり、作品を鑑賞するだけでなく、休憩したり、おしゃべりをしたり、橋に設えられたブランコで遊んだりと、多様な人々の営みと表現が交錯する「広場」のような現象が展開され、鑑賞者と作品との新たな関係性を構築するためのきっかけを与えています。

9 月 26 日(日)までの会期中には、秋田の祭りや民俗芸能のリサーチを元に創作した演劇作品「soda city funk」 (作・演出:児玉絵梨奈)の上演や、秋田の家庭に伝わる食のレシピの実演、伝統的工芸品のワークショップ等の各種イベントを開催します。

各種イベントの詳細は、展覧会「200年をたがやす」の特設ウェブサイトをご確認ください。

展覧会コンセプト

「200 年」という幅で、過去に、そして未来へと、様々な旅路であきたを探る展覧会です。200 年前は江戸時代。明治維 新よりも以前に遡ります。歴史教科書などではあまり区切られることのない幅で物事を捉え、人々の営みをたどること から、私たちのこれからの生活や豊かさについて模索していきたいと思います。

「Culture(文化)」は「Cultivate(耕す)」を語源とします。無数の先人がたがやしてきた土壌に、私たちの文化は形成されているのです。本展覧会は、生活・産業、食、工芸、美術、舞台の5分野を軸に展開されます。一見バラバラな領域 ですが、どれも私たちが生きるうえで不可欠なもので、複雑に関係し合っています。 食べることは人(や多くの生物)の生命を維持するために不可欠ですが、人は食を飽くことなく探求し、それを代々継 承することで豊かな食文化を築いてきました。農業や鉱業、林業などの産業は近年その重要性が見直されています が、多様な産業は地域文化の形成に不可欠です。一方で、大量生産・消費の諸問題にやっと本格的に世界が取り組 むようになった昨今、長年受け継がれてきた工芸の知や技術への眼差しも変わりはじめています。また、現代アートと いうことばが定着する一方で、美術表現の手法や形式は加速度的に多様化・複雑化していますが、同時に既成概念 を疑い常に新たな価値を提起する運動を、美術という領域は切り拓いてきました。そして、現在まで数多く伝承される 芸能や祭祀、身体を用いた表現の豊かな系譜は、現代の舞台芸術作品に受け継がれています。

本展覧会では、「あきた」を秋田市や秋田県という行政区分に必ずしも限定していません。あきたという言葉からどこを、あるいはどれくらいの領域を思い浮かべるかは、人それぞれでしょう。その異なる個別の感覚を大切にしていきたいと考えています。 そもそも人の暮らしや文化は、越境の連続によりかたちづくられてきたもので、厳密に領域や境界を定義するのは困難です。それは、200年以上前に三河国を出て、あきたに長く逗留し、東北を歩き続けた菅江真澄の偉業を丁寧に残してきたこの地の人々にとって、受け入れやすい価値観ではないでしょうか。 また、この展覧会であきたの文化を完璧に網羅することは不可能で、穴はあってもよいと考えています。むしろ、大きくひろげた不完全な風呂敷の穴を、これから知恵や技術をもつ多くの人に繕い補完していっていただきたいと思ってい ます。穴から新たな芽が芽吹くなら、それもよいでしょう。

そしてなによりも、本展覧会は多様な参加により成立するプラットフォームとなることを目指し、会期を2 つに分けて公開します。 第一期はオープンスタジオ期間の「つくる」。アーティストや職人、研究者などの専門家を中心としつつも、 この地域に暮らす多彩な人々と一緒に、生活・産業、食、工芸、美術、舞台という5つの要素について、調査・研究と創作活動を展開しました。 そして第二期は展示期間の「みせる」。「つくる」の成果を、展覧会を軸に、公演やイベントなども交えて日々変化する動きのある場として公開します。過去のかけらをたぐり歴史の網目を垣間見、未来をつかむべく創造行為を展開することで、あきたの文化をたがやす活動を継承していきます。

(全体監修 服部浩之)

2階のスタジオA1には「200年の橋」が立ち上がる(撮影:草彅裕)

東海林太郎の歌碑との出会いから生まれた荒木優光による「一聴永楽」 (撮影:草彅裕)

舞台分野では演劇作品「soda city funk」(作・演出:児玉絵梨奈)を上演する(撮影:須賀亮平)

Information

展覧会「200年をたがやす/Cultivating Successive Wisdoms」

会期
①つくる 2021年3月21日(日)~6月18日(金)
②みせる 2021年7月1日(木)~9月26日(日)
※火曜を除く9時~21時
※サテライト会場は9時~19時
会場
秋田市文化創造館(秋田市千秋明徳町3-16)
※サテライト会場:Newテラス広小路(秋田市千秋明徳町1-56)
主催
秋田市
企画・制作
NPO法人アーツセンターあきた
協力
ココラボラトリー
全体監修
服部浩之(インディペンデントキュレーター、秋田公立美術大学特任准教授)
キュレーター
のんびり合同会社(矢吹史子)、合同会社 casane tsumugu(田宮慎) 、NPO 法人アーツセンターあきた(尾花賢一、島崇、藤本悠里子)
空間設計 (建築)
海法圭(建築家/株式会社海法圭建築設計事務所)
デザイン
[グラフィック]佐々木俊(株式会社 AYOND) 、[ウェブ]谷戸正樹(MYDO LLC)
プロジェクトマネジメント
鈴木一絵

入場無料、一部イベントは要予約

ウェブサイト:https://200years-akita.jp/
Facebook: @200years.akita
Instagram: @200years_akita
Twitter: @200years_akita