arts center akita

  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • プレスリリース

物が語る先人たちの知恵と工夫に、困難な時代を生きぬく術を学ぶ
「博覧強記・油谷満夫の木の岐展」

2021.11.27

NPO法人アーツセンターあきたは、秋田を代表する蒐集家・油谷満夫によるコレクション展「博覧強記・油谷満夫の木の岐展」を12月12日(日)~16日(木)に、秋田市文化創造館で開催します。

昭和25年から70年以上も民具の収集をつづける、稀代の蒐集家・油谷満夫。そのコレクションは、50万点以上にものぼります。そのコレクションの中から、今回は「木の岐(きのまた)」に焦点を当て、自然の造形を活かして生み出された道具の数々から、生活様式の変化や、先人たちの知恵と工夫を学び、考える展覧会として構成します。

木の岐とは、昔から生活の中で使われてきた、木を加工して作られた道具。木の幹や枝部分など、自然の造形を用途に合わせて手を加え、生活や産業をより円滑に補助するために活用されてきました。同じものはひとつもなく、作成者の創意工夫や手仕事の痕跡に溢れています。身近な道具として見落とされてしまう木の岐に注目し、蒐集してきた油谷満夫の視線と情熱。そして私たちが忘れてきてしまった自然と寄り添い、紡いできた社会と産業構造。木の岐から生活様式の変化や、先人たちの知恵と工夫を考える展覧会です。

※博覧強記・・・「博覧」は広く書物を読んで、多くの物事を知っていること。「強記」は記憶力のすぐれていること。

樹木の自然の造形を活かしてつくられる木の岐(また)の道具

いったいどんな用途につかう道具なのか、想像を膨らませてみて

Profile

油谷 満夫 Aburaya Michio
昭和9年、秋田県横手市生まれ。県立大曲農学校卒。 昭和25年から民具の収集を始める。昭和54年から13年間、角館町「青柳家」に「民具の館」を開き、「平鹿町農村文化伝承館」の主任に就く。その後、秋田県湯沢市秋の宮温泉郷に秋乃宮博物館を平成4年に開館(平成22年閉館)。平成24年4月「特定非営利活動法人 油谷これくしょん」を設立。   油谷これくしょん http://aburaya-collection.or.jp/

Information

博覧強記・油谷満夫の木の岐展

チラシダウンロード

■ 会期:2021年12月12日(日)~16日(木) 9:00~17:00 ※火曜休館
■ 会場:秋田市文化創造館(秋田市千秋明徳町3-16)
■ 主催:NPO法人アーツセンターあきた
※入場無料

  • プレスリリース

関連記事