arts center akita

  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • プレスリリース

秋田公立美大ギャラリーの企画公募、締切迫る

2019.01.17

秋田公立美術大学(理事長:霜鳥秋則)は、大学ギャラリー「BIYONG POINT(ビヨンポイント)」(秋田市八橋南)における展覧会企画を公募しています。応募締切は1月31日。

秋田公立美術大学(理事長:霜鳥秋則)は、大学ギャラリー「BIYONG POINT(ビヨンポイント)」(秋田市八橋南)における展覧会企画を公募しています。応募締切は1月31日(木)18時。郵便の場合は当日消印有効。

BIYONG POINTは、秋田公立美術大学が運営するギャラリーとして、2014年のオープン以来、大学の取り組みを県内外に向けて積極的に発信する拠点として、大学の教員・助手や招聘作家による個展を開催してきました。本年からは、ギャラリー運営を大学の社会連携を担うNPO法人アーツセンターあきた(秋田市、理事長:藤浩志)が担当し、今般の企画公募事業には服部浩之(インディペンデント・キュレーター、秋田公立美術大学准教授)、石山友美(映画監督、秋田公立美術大学助教)らが審査員・アドバイザーとして参画します。

「テーマ性」、「チャレンジ性」、「場所性」、「地域性」、「展開の可能性」を審査基準とし、採用企画に対しては作品制作費の一部を補助するとともに、審査員・アドバイザーからの企画実施に向けたアドバイスや、NPO法人アーツセンターあきたが展覧会の実施から撤収までを全面的にサポートします。

2019年度 秋田公立美術大学ギャラリーBIYONG POINT企画公募

【支援内容】
○ 作品制作費・イベント運営費・運搬費・交通費・広報費等に該当する一部補助費を支給します(支給額は提出された予算書に基づき決定)。
○ 審査員/アドバイザーによる企画実施に向けたアドバイス
○ アーツセンターあきたによる展覧会実施から撤収までのサポート
○ 広報協力(WEBへの情報掲載、プレスリリース作成・配信等)

【応募期限】
2019年1月31日(木) 18時

【審査員/アドバイザー】
服部浩之(インディペンデント・キュレーター、秋田公立美術大学准教授)〔審査員長〕
岩井成昭(美術家、秋田公立美術大学教授)
瀬沼健太郎(ガラス工芸家、秋田公立美術大学准教授)
石山友美(映画監督、秋田公立美術大学助教)
内田聖良(インスタレーション・パフォーマンス作家、秋田公立美術大学助手)

【応募要項・応募用紙】
下記のリンクをご参照ください。
https://www.artscenter-akita.jp/archives/1493

【お問い合わせ・書類送付先】
NPO法人アーツセンターあきた(担当:岩根・石山)
平日9:00〜18:00 ※土日祝は休業日となります。
所在地:
〒010-1632
秋田市新屋大川町12-3 秋田公立美術大学アトリエももさだ内
TEL:018-888-8137 FAX:018-888-8147
E-mail info@artscenter-akita.jp
WEB www.artscenter-akita.jp

  • プレスリリース

関連記事