arts center akita

  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • プレスリリース
  • 地域が芽吹く

大森山アートプロジェクト2022
「あそび×まなびのひろば -ことばのしるし-」開催

2022.07.13

秋田市大森山動物園〜あきぎんオモリンの森〜と秋田公立美術大学が取り組む「大森山アートプロジェクト」が2022年度も始まります。4回目を迎えた「あそび×まなびのひろば」では「ことば」をテーマに大森山公園の自然環境を活かして制作した作品展を開催します!

学生・卒業生それぞれが紡いだ「ことば」をテーマに
大森山公園に16作品を展開!

秋田市大森山動物園〜あきぎんオモリンの森〜と秋田公立美術大学が取り組む「大森山アートプロジェクト」が、2022年度も大森山動物園と大森山公園一帯で始動しています。
大森山公園グリーン広場から彫刻の森にかけて展開する「あそび×まなびのひろば」は、子どももおとなも遊びのなかで学び、学びから新たな遊びをつくる創造的な広場として、今年度で4回目を迎えました。大森山の持つ魅力を掘り起こし、アートを通した発見や遊びを創ることを目的に運営するプロジェクトです。
あそび×まなびの広場Vol.1〜Vol3
▼大森山アートプロジェクト2019 大森山公園「彫刻の森」に秘密基地が出現!?
▼大森山アートプロジェクト2020 冒険しに行こう!大森山の「森の居場所」へ
▼大森山アートプロジェクト2021 「鳥の巣画廊」の巣箱をのぞいて、森のなかへ!

大森山公園での設営作業の様子

今年は「ことばのしるし」16作品が大森山公園で展開!

今年のテーマは「ことば」。秋田公立美術大学の学生・卒業生が、自身のいまの生活や大森山の環境から紡いだ「ことば」をテーマに、大森山公園の自然環境を活かして作品を制作しました。
コロナ禍において、さまざまなコミュニケーションが十分に行えない違和感のなかで、内なる言葉を寄せ合ったり、心のなかにある叫びのような声を紡ぎ出し、詩、歌、文章などで表現したことばをしるし、大森山の自然とともに展示します。

7月30日(土)から9月4日(日)の間、16人分の「ことばのしるし」を大森山公園グリーン広場一帯で展開! 会期初日には、学生自ら作品を案内するオープニングイベントを開催します。先着20人には学生お手製の記念品をプレゼント。ぜひご参加ください!

■あそび×まなびのひろば Vol.4 -ことばのしるし-
出展作家
[1年生]遠藤緋那 瀧澤采未 古谷優々子 松山空
[2年生]池端滴 佐藤雪乃 杉山明日香 田中碧空
[3年生]齋藤涼花 ファネス佳乃 [4年生]木村麟之輔 早坂葉 福士真穂
[大学院生]佐藤若奈 服部正浩 [卒業生]都竹泰河

*監修 村山修二郎[秋田公立美術大学アーツ&ルーツ専攻教員]

Information

大森山アートプロジェクト2022
「あそび×まなびのひろばVol.4 -ことばのしるし-」

「あそび×まなびのひろばVol.4 -ことばのしるし-」ポスター(PDF)
「あそび×まなびのひろばVol.4 -ことばのしるし-」リーフレット(PDF)
●会期:2022年7月30日(土)〜9月4日(日) 10:00〜16:00
●場所:大森山公園グリーン広場周辺 ※動物園の第1駐車場を左に見て坂を進むと案内板があります。
●参加自由
※通常、スタッフはおりません。自然に近いエリアなため、無帽、黒い服装や軽装、サンダルなどでは危険です。蜂やけものなどにも十分注意してください。自然物はむやみに取ったり傷つけたりしないでください。小さなお子さまは保護者の方と一緒にお越しください。
●オープニングイベント:7月30日(土)11:00〜12:30
お申し込み不要。直接、大森山公園グリーン広場駐車場にお越しください。来場者には美大生お手製の記念品をプレゼント。※先着20人
※雨天の場合、翌日に順延。31日も雨天の場合は中止。
●主催:秋田市大森山動物園、秋田公立美術大学
●企画・制作・お問い合わせ:
NPO法人アーツセンターあきた TEL.018-888-8137

  • プレスリリース
  • 地域が芽吹く

関連記事