arts center akita

「全国高校生 何でも、アリ。Creative Award 2024」いま夢中になっている活動・表現を募集!

周りから評価されていなくても、社会にはまっていなくても、やらずにはいられない…。秋田公立美術大学は、高校生自身に湧き起こる衝動を源泉にした活動・表現を公募する事業「全国高校生 何でも、アリ。Creative Award 2024」を開催します。

君だけの本気クリエイティブ、求む。

全国高校生 何でも、アリ。Creative Award は、新しい芸術領域の創造への挑戦を掲げる秋田公立美術大学が、“何か”に夢中になって取り組む全国の高校生の活動・表現の動画(3分以内)を公募する事業です。

初めてでも、演じるでも、ドラマでも、趣味でも、100人でも、遊びでも、愛でも、物語でも、地味でも、踊るでも、唄うでも、リアルでも、アニメでも、1000人でも、描くでも、挑戦でも、変身でも、1人でも、日常でも、未熟でも、友情でも、実験でも、研究でも、チームでも、シンプルでも、発明でも、お笑いでも、「何でも、アリ。」!

いま、夢中になっていることを教えてください。

▶︎「全国高校生 何でも、アリ。Creative Award」関連記事

【対  象】
高等学校に所属している生徒(表現者本人が高校生であること)

※高等学校には、定時制高校・高等専門学校(3年生以下)・通信制高校・高等専修学校・特別支援学校(高等部)を含みます。異なる高等学校の生徒で構成されたチームでも構いません。他薦も可。
※対象かどうか不明な場合は、お問合せください。

【応募内容】
3分以内の動画の提出

【応募方法】
公式ウェブサイトの応募要項をご覧ください。
全国高校生 何でも、あり。Creative Award 公式ウェブサイト

【スケジュール】
応募期間:8月15日(木)〜10月15日(火)
入選発表:11月8日(金)
全入選者と審査員とのオンライン交流会:12月7日(土)
結果発表:12月25日(水)

バラエティに富む審査員が活動を審査!

秋田公立美術大学准教授の柚木恵介審査員長をはじめ、美術家・クリエーティブディレクターの田中偉一郎、美術家・漫画家の杉浦由梨、電子工作クリエーターのギャル電を審査員に迎え、既存の枠組みを超えて新たなジャンルの創造に取り組む多種多様な審査員たちが、高校生の夢中になっている活動・表現を審査します。
協賛企業のJR東日本秋田支社、JA全農あきた、秋田魁新報社も交流会に参加し、各社から贈られる協賛企業賞の対象者を選考します。

金賞には30万円+秋田のお米1俵を贈呈!

入賞者には秋田公立美術大学と協賛企業から、活動を応援する賞金・賞品をお贈りします。

●金賞(30万円+秋田のお米1俵相当[精米60kg]):1作品
●銀賞(5万円):最大5作品
●銅賞(1万円):最大10作品
●協賛企業賞:3作品

全国の高校生の皆さん 応募をお待ちしています!

6月中旬には、全国の高等学校等へポスターを配布!「何でも、アリ。」なポスターをぜひご覧ください!

また、告知動画も公式ウェブサイトやYouTube、JR秋田駅構内等で公開予定!
本年度は秋田公立美術大学3年生の田村実樹さん(秋田県出身)が担当し、高校生への「何でも、アリ。」の活動・表現へエールを込めて、制作中です。公開まで今しばらくお待ちください!

高校生のみなさん、たくさんのご応募お待ちしています!

Information

全国高校生 何でも、あり。Creative Award 2024

■対象:高等学校に所属している生徒
■応募内容:3分以内の動画
■応募期間:2024年8月15日(木)〜10月15日(火)
■応募方法:公式ウェブサイトをご覧ください。
全国高校生 何でも、あり。Creative Award 公式ウェブサイト

■審査員:柚木恵介、田中偉一郎、杉浦由梨、ギャル電、高校生と一緒に地域盛り上げ隊、高校生のごはん応援隊、#さきがけきっかけ情報基地

■主催:秋田公立美術大学、NPO法人アーツセンターあきた
■後援:文部科学省、秋田県、秋田県教育委員会、秋田市、秋田市教育委員会
■協賛:JR東日本秋田支社、JA全農あきた、秋田魁新報社、TDK歴史みらい館
■問い合せ先:NPO法人アーツセンターあきた(担当:小野、田村)
[TEL]018-888-8137
[E-mail]info@u18cc.jp

Writer この記事を書いた人

アーツセンターあきた

一覧へ戻る