arts center akita

  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • プレスリリース
  • 感性をはぐくむ

小学生対象のアートワークショップをシリーズで開催
「こどもアートLab」がスタート

2019.09.20

アーツセンターあきたは、小学生を対象にしたアートワークショップを秋田公立美術大学サテライトセンターを会場に開催します。Labリーダーと一緒に、”つくること”にチャレンジしよう!

さまざまな”つくること”にチャレンジ!

小学生を対象にしたアートワークショップ「こどもアートLab」。秋田公立美術大学の教員や卒業生などをLabリーダーに迎え、多様な素材や表現手段を使って”つくること”にチャレンジします。

8月には作家の永沢碧衣さんをLabリーダーに、夏の思い出をもとにした“感覚の体操”のようなワークショップを開催。9月以降も月に1回、秋田公立美術大学サテライトセンター(フォンテAKITA6階)を会場にワークショップを行います。

アートワークショップ「こどもアートLab」

9月「自然素材で空をえがく」
窓から見える空、屋上に広がる空、公園の木々の間から見える空。さまざな場所で空を見上げてから、自然の中で空を描くワークショップです。
フォンテAKITAの屋上で空を見上げたあと、いつもとはちょっと違うルートで千秋公園まで歩きます。公園内で寝転んだり、地べたに座ったり、体を動かしたりしながら公園でも空を見上げます。画用紙に描く時に使うのは、絵筆や絵の具ではありません。草木や葉っぱ、そして柿渋や渋墨などの自然素材です。それらを材料に子どもたちはどんな空を描くのでしょうか。
[日時]2019年9月28日(土)10:00~12:30
[定員]20名(低学年は保護者同伴)
[参加費]1,000円(材料費、保険料含む)
[Labリーダー]村山修二郎(秋田公立美術大学准教授)

10月「音をあつめて演奏しよう」
まちに出て音と映像をあつめて作品をつくるテクノロジー・ワークショップです。いろいろな音と映像を集めたら、それを使って小さな演奏会をします。どんなものが出来上がるかな?
[日時]2019年10月26日(土)10:00~14:00
[定員]15名(低学年は保護者同伴)
[参加費]1,000円(保険料含む)
[Labリーダー]萩原健一(秋田公立美術大学准教授)

11月「人形をつくろう」
人形作家の真坂歩さんと一緒に、マサカ人形の絵付けを体験します。粘土を使って自分だけの人形づくりもできるよ!
[日時]2019年11月17日(日)10:00~12:00
[定員]10名(低学年は保護者同伴)
[参加費]1,000円(材料費含む)
[Labリーダー]真坂歩(人形作家・秋田公立美術大学卒業生)

Information

こどもアートLab

チラシダウンロード(PDF)
■会 場 秋田公立美術大学サテライトセンター
(〒010-0001 秋田市中通2-8-1 フォンテAKITA 6階)
■参加費 1,000円/回(材料費と保険料を含む)
■申込み 下記まで、お電話でお申し込みください。
秋田公立美術大学サテライトセンター(NPO法人アーツセンターあきた)
TEL: 018-893-6128
FAX: 018-893-6136
E-mail: info@artscenter-akita.jp

8月に開催した「夏を描こう」は、作家・永沢碧衣さんをLabリーダーに“感覚の体操”のような時間になりました。

参加者同士で夏の思い出を話し合って、メモしたり絵を描いたり。

そして、キャンバスに「この色だけは使いたい!」という1色を使ってから夏のイメージを描き始めました。

出来上がったのは、記憶の中の夏の色、夏の時間。キャンバスにそれぞれのイメージが浮かび上がりました。

撮影:石丸 敬将

  • プレスリリース
  • 感性をはぐくむ

関連記事