arts center akita

  • facebook
  • twitter
  • youtube

リサーチして出会った鉱山の痕跡をもとに

秋田での鉱山との出会いは、2018年の「旅する地域考|AKIBI 複合芸術プラクティス」がきっかけでした。

「小坂町や大館市で小坂鉱山や尾去沢鉱山、花岡鉱山などを見ました。その中で、小さな鉱山の町の山の中に突然、当時としては珍しい近代建築の建物が現れるのがとても奇妙で、面白さを感じました。山奥なのにこんな洋館があるのかと驚いて調べたのが始まりでした。そして大館市を歩いていて御成座という映画館を見つけ、鉱山の町でも、活動写真弁士が活躍していたことを知りました。私が行うレクチャーパフォーマンスと活動写真弁士の語りという、2つのアプローチから鉱山の物語を展開すれば、新しい形ができるのではないかと思いました」

鉱山の町に残る“出来事の痕跡”をもとに創作したシナリオは、資料館建設という設定が始まりとなります。

「無声映画のフィルムの発見を機に出てきた建設計画という物語の台本を書き、片岡さんが3つの映画を選んで、それを受けて書き直し、解説映像ができました。活動写真弁士との二人語りの実演によってフィクション(創作)とドキュメント(事実の記録)を行き来する映像作品は、小坂町の康楽館で撮影したものを再構成したものです。映像に加えて、鉱山にまつわる資料を展示することで、見る人が自分で選択的に情報を選んで資料館を立体的に想像できたらと思いました」

フィクションを体験すること、物語を体験すること

オープニングトークの参加者からは、フィクションであることが分かりにくい展覧会の展示手法について質問がありました。

「作品がフィクションであることを言うか言わないかはいつも考えていて、私の課題です。嘘つきかもしれないけれど、フィクションを楽しんでほしいというよりは、身近なこと、自分自身に関係があることとして物語を体験してほしいという気持ちで、そのためにフィクションだと言わない、という選択を今はとっています。出会ったこと、出来事を忠実にドキュメントとして書こうとしても、結局は私というフィルターを通して見たものであって忠実に記述することはできない。そうであれば、ひとつの物語体験として伝えることで複数の出来事を伝えることができたらと思っています。フィクションであるというただし書きを入れないことにはリスクと暴力性があるかもしれませんが、今はこういうように実践し、物語を届けたいと思っています」

日本の近代化を支え、繁栄した鉱山の町に残る“出来事の痕跡”をもとに構成した展覧会「MINE EXPOSURES / 鉱山の露光」は、11月4日(月祝)まで。10月20日(日)には、佐藤がレクチャーパフォーマンスを上演します。その後、インディペンデント・キュレーター 服部浩之(秋田公立美術大学准教授)とのトーク「ドキュメントと創作(フィクション)について」を開催。佐藤が本展でチャレンジしたことを作家自身から聞ける貴重な機会となります。ご期待ください。

Information

佐藤朋子「MINE EXPOSURES / 鉱山の露光」

チラシダウンロード(PDF)
■会 期 2019年8月30日(金)〜11月4日(月祝)9:00〜18:00
■観覧料 無料
■閉館日 9月14日(土)、15日(日)
■会 場
秋田公立美術大学ギャラリーBIYONG POINT(秋田市八橋南1-1-3 CNA秋田ケーブルテレビ社屋内)BIYONG POINT
■主 催 秋田公立美術大学、NPO法人アーツセンターあきた
■協 力 CNA秋田ケーブルテレビ、東京藝術大学大学院映像研究科、RAM Association、和田信太郎
■出演・映像資料協力 片岡一郎(活動写真弁士)
■助 成 秋田県芸術文化振興基金助成事業

【関連イベント】
ギャラリーツアー+オープニングパーティ
■日 時 8月30日(金)18:00〜20:00
■会 場 BIYONG POINT

レクチャーパフォーマンス+トーク
■日 時 10月20日(日)18:00〜20:00
■会 場 BIYONG POINT
■内 容
①佐藤朋子によるレクチャーパフォーマンス
②トーク「ドキュメントと創作(フィクション)について」
登壇者:佐藤朋子、服部浩之(秋田公立美術大学准教授)

撮影:森田明日香

  • アートを楽しむ

関連記事