arts center akita

  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • アートを楽しむ
  • プレスリリース

学生9人の短編作品が集結
アニメーション作品展「Now Playing 2」開催!

2022.06.21

秋田公立美術大学サテライトセンター(フォンテAKITA6階)で7月2日(土)から、学生9人によるアニメーション作品展「Now Playing 2」を開催します。学生それぞれの思考、時間、視線を通して描いた短編アニメーション作品が現在と未来を映し出します。制作過程の素材や絵コンテなども一部公開。学生アニメーションの最前線をお見逃しなく!

秋田公立美術大学の学生9人が出展
アニメーション作品展「Now Playing 2」開催!

秋田公立美術大学サテライトセンター(フォンテAKITA6階)にて7月2日(土)から、学生9人によるアニメーション作品展「Now Playing 2」を開催します。

コロナ禍にあって、学生の目に現在の風景はどのように映っているのでしょうか。学生それぞれの思考、時間、視線を通して描いた短編アニメーション作品が現在と未来を映し出します。
出展するのは、アニメーションや実写映像、絵画、イラストレーションなどを制作の軸とする秋田公立美術大学2〜4年の学生9人です。心の不安定さや感情の機微をアニメーションで表現する菊地美咲(コミュニケーションデザイン専攻4年)は、女性の微妙な心の揺れ動きを《ハーバリウム》に描きます。漫画やアニメーション、楽曲制作などを表現手段とする堀江侑加(ビジュアルアーツ専攻4年)は、自分自身を探す「たまご」の旅をアニメーション《たまごばなし》として描きます。

プロジェクションマッピングや体験型のアニメーション、
制作過程の絵コンテなども公開!

自作キャラクターのアニメーションやコマ撮りアニメを制作する村田晴加(ビジュアルアーツ専攻4年)は、食卓を舞台にプロジェクションマッピングを展開。一方、工藤千輝(コミュニケーションデザイン専攻4年)のアニメーションは、モノトーンを基調に厳しくも美しい自然現象を描きます。

体験型も含めた新作の短編アニメーション作品に加え、制作過程の絵コンテなども一部公開します。秋田公立美術大学によるアニメーションの最前線をお見逃しなく!

Profile

大場 明
宮城生まれ秋田育ち。ビジュアルアーツ専攻4年。なんかのアニメを作ります。温かい目で見守っていてくださいませ。最近は音楽を聞いて脳内MVを作ることに夢中。

Profile

菊地 美咲
北海道出身。コミュニメーションデザイン専攻4年。趣味はアイドルを鑑賞する事。恋愛感情や風景描写等をテーマに色彩にこだわりながらアニメーションを含む映像作品の制作を行う。ICAF2021参加。

Profile

工藤 千輝
山形県出身。コミュニケーションデザイン専攻4年。デザインや映像を中心に制作を行う。主な制作物に、ローカルヒーロー「爆戦クラウン バクラウザー」キャラクターデザイン等。

Profile

堀江 侑加
神奈川県出身。ビジュアルアーツ専攻4年。絵、漫画、アニメーション、楽曲制作、美術スタッフなどを中心に活動。エンターテイナー絵描きになろうとしている。

Profile

村田 晴加
奈良県出身。ビジュアルアーツ専攻4年。自作のキャラクターのアニメーションや食べ物を使ったコマ撮りアニメを制作。「食べることを愛してる」をモットーに、日々ごはんをパクつく。

Profile

岡部 悠太
北海道出身。幕別町生まれ、奥尻・函館市育ち。ビジュアルアーツ専攻3年。グラフィックデザインを中心に制作を行ってきた。現在は3DCGを取り入れた映像作品を制作中。

Profile

安藤 陽夏里
神奈川県出身。美術学科2年。水彩や油絵等の絵画作品を中心に映像や3DCG、音楽制作等も行う。「認識の裏」をテーマに多様な画材を用いたドローイングや物質的な油絵を描く。

Profile

安藤 帆乃香
神奈川県出身。美術学科2年。絵画、インスタレーション等を制作してきました。現在は映像表現を用いた作品制作に興味を持っています。最近の楽しみは、曲を作りながら3Dソフトをいじる事です。

Profile

三國 楓太
青森県出身。美術学科2年。男。絵なりイラストなりぼちぼち描いてきました。デジタルは手を付けたばかりで、アナログのほうが得意です。映像作品の制作は今回で2回目のヒヨッコです。何卒。

Information

秋田公立美術大学アニメーション作品展 「Now Playing 2」

アニメーション作品展「Now Playing 2」ポスター(PDF)
アニメーション作品展「Now Playing2」レポート
■会期:2022年7月2日(土)〜7月24日(日)10:00〜18:30
■会場:秋田公立美術大学サテライトセンター(秋田市中通2-8-1 フォンテAKITA6F)
■出展作家:
大場 明(ビジュアルアーツ専攻4年)、菊地美咲(コミュニケーションデザイン専攻4年)、工藤千輝(コミュニケーションデザイン専攻4年)、堀江侑加(ビジュアルアーツ専攻4年)、村田晴加(ビジュアルアーツ専攻4年)、岡部悠太(ビジュアルアーツ専攻3年)、安藤陽夏里(2年)、安藤帆乃香(2年)、三國楓太(2年)
■メインビジュアル:石前詞美(コミュニケーションデザイン専攻3年)
■撮影・編集:中川舞(ものづくりデザイン専攻4年)
■主催:秋田公立美術大学
■企画・制作:NPO法人アーツセンターあきた
※新型コロナウイルス感染症感染拡大状況によっては会期や内容を変更する場合があります。
※混雑の状況により入場を制限させていただく場合があります。

秋田公立美術大学サテライトセンターの感染症対策について

■施設の感染症予防策について
・施設の適切な換気を行っています。
・アルコール消毒液を設置しています。
・施設内や備品について、定期的に消毒および清掃を行っています。
・職員は体調管理を徹底し、手洗い・うがいに努めるとともに、マスクを着用し感染予防に努めています。
■ご来場いただく方へのお願い
・入館時の手指消毒をお願いいたします。
・以下の方につきましては入館をお控えいただきますようご協力をお願いいたします。
 -発熱、くしゃみ、咳などの風邪の症状がある方
 -体調の不安のある方
 -過去14日以内に感染拡大地域・国を訪問している方
・マスク着用等、咳エチケットにご協力をお願いいたします。
・他の利用者と安全な距離を保つよう、ご協力をお願いいたします。
・密集を避けるために、入場制限をさせていただく場合があります。
・会話は控えめにお願いいたします。
・展示台、作品にはお手を触れないようお願いいたします。

  • アートを楽しむ
  • プレスリリース

関連記事