arts center akita

  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • アートを楽しむ

菅江真澄をたどるプロジェクト
最も古い形態の人形道祖神を記録した観察眼

2019.10.11

「旅」「移動」「記録」「表現」などをテーマにした展覧会「ARTS & ROUTES -あわいをたどる旅-」に向けた公開プロジェクトとして始まった「菅江真澄をたどる勉強会」。第1回目のレクチャーでは、現在も秋田に数多く残る人形道祖神を記録した元祖としての真澄像に迫りました。

プロジェクトを公開しながら、出来事や時間などかたちを持たないものを描き出す新たな試みとして開催する展覧会「ARTS & ROUTES -あわいをたどる旅-」。その起点となるプロジェクトとして8月20日、「菅江真澄をたどる勉強会」を開催しました。

第1回「菅江真澄をたどる勉強会」
日時|8月20日(火)18:00〜20:00
場所|秋田公立美術大学 アトリエももさだ 作品展示室
ゲスト|
吉川耕太郎(秋田県教育庁払田柵跡調査事務所)
小松和彦(小松クラフトスペース・秋田人形道祖神プロジェクト)
内容|
・レクチャー
「考古学からみた菅江真澄について」吉川耕太郎(記録はこちら
「秋田人形道祖神と菅江真澄について」小松和彦
・ディスカッション(記録はこちら
「真澄と美術との接点の作り方」吉川耕太郎、小松和彦、石倉敏明、服部浩之

吉川耕太郎氏に続いて、小松和彦氏が「秋田人形道祖神と菅江真澄について」と題しててレクチャー。人形道祖神の調査をする過程で出会った真澄像について語った小松氏のレクチャー記録を公開します。

災いや悪霊から村を守る「人形道祖神」とは?

私は秋田駅前で小松クラフトスペースという工芸ギャラリーを運営する傍ら、郷土史研究家として活動しています。これまで、秋田県の遊郭に関する調査をはじめ、昨年からはイラストレーターの宮原葉月さんと一緒に秋田人形道祖神プロジェクトというユニットを結成し、活動をスタートさせました。『村を守る不思議な神様』では、秋田県内各地の人形道祖神を取材しています。

秋田人形道祖神プロジェクトによる『村を守る不思議な神様』

道祖神とは、疫病などの災いや悪霊から村を守る民間信仰の神様のこと。村境や道端に石碑や男性型のシンボルとして祀られ、村を守る他にも交通安全や子宝、縁結び、家内安全などを祈願します。その起源となる神様は、『古事記』『日本書紀』のイザナギ・イザナミの神話のなかに悪霊を防ぐ神様として出てきます。平安時代の百科事典には「道祖、和名・塞の神」として明記化されました。道祖とはもともと中国の道の神。それが日本の悪霊を防ぐ「塞の神」と習合し、さらに仏教の地蔵とも習合しました。

今日は道祖神の話ではなく、藁や木で作られ村境や神社にまつられる人形道祖神について話したいと思います。年に1度から3度、主に春と秋に作り替えが行われています。人形道祖神は決して一般的な名称ではなく、民俗学者・神野善治が命名した学術専門用語。神野先生の解釈では、これらの人形こそが道祖神の原形ではないかと考えられています。

菅江真澄『月の出羽路』仙北郡(資料写真:秋田県立博物館提供)

なぜか秋田に集中して存在する人形道祖神

『風俗問状答』という江戸時代後期の記録には、人形道祖神の形態を書いたものがあります。村で疫病が流行すると藁で大きな人形を作り、剣を持たせ、鍾馗のような赤い顔をして、牛頭天王の札を腹に貼り、村の入口に置く。今でもこういった人形が秋田県内各地の村境に置かれています。東日本各地に分布していますが、なぜかほとんどが秋田県内にあります。でも皆さんがもし人形道祖神を訪ねてみたとして、「人形道祖神はどこですか?」と聞いても、多分、地元の人はポカンとして「そんなものはありません」と答えるでしょう。なぜならそれぞれの地域によって名前があるから。人形道祖神は各地でカシマサマ(鹿島様)、ショウキサマ(鐘馗様)、オニョサマ(仁王様)、ニンギョウサマ(人形様)などの名称でまつられています。

神野先生が1991年に作成した人形道祖神の分布図を見ると、とりわけ秋田県に集中していることが分かるのですが、県内全域にあるわけではなく、沿岸部の秋田市や男鹿南秋地域などには全くない。多くが大館市周辺。そして県南の仙北から湯沢にかけての横手盆地に分布しています。

土川の草仁王を解説する小松氏

真澄は人形道祖神を詳細に記録した最初の人物

今日のテーマである菅江真澄は、秋田の人形道祖神を詳細に記録した最初の人物です。先ほど吉川さんから、縄文土器や土偶を詳細に記録した最初の人物が菅江真澄だと説明があったのですが、実は人形道祖神についてもほぼ最初の記録者です。同じようにナマハゲについても最初の記録者で、それは特筆すべきことだと思います。

これは、真澄が現在の大仙市にある村の風景を描いた図です。橋が架かっていて、村境に両手を広げた人形がある。これがいわゆる人形道祖神。ここでは草二王と呼ばれていると書いてあります。春と秋に5尺の草人形を作り、刀を持たせる。これは疫病を避けるためにまつられているもので、秋田にはたくさんあると記している。もうすでに、秋田県内に人形道祖神が数多く分布していることを真澄は指摘していたわけです。

菅江真澄『雪の秋田根』(資料写真:秋田県立博物館提供)

ダムの底に沈んだ村を見下ろす男女一対の御神体

ここからは、菅江真澄が記録したもので、今、私たちが人形道祖神と呼んでいる人形の神様が実際に現在でもまつられている例を見ていきたいと思います。

1802年12月12日。真澄が桐内村で見たという「避疫神蒭霊(ひえきがみくさひとがた)」について。記録を見ると、赤い面と青い面を付けた男女一対の人形があり、雪の中にこれらが立っていたのでびっくりしたことが記されています。桐内村は現在の北秋田市森吉ですが、現在はどうなっているかというと、このように森吉ダムに沈んでいる。

冬の森吉ダム

よって村自体は、現在では見ることができません。昨年の12月21日という、まさに真澄がこの村を訪ねたほぼ同じ時期に、道祖神が雪の中で現れてびっくりするのではないかと期待して行きました。残念ながら村はダムで沈んでいましたが、そこの人形道祖神はまだ残っているという情報をつかんでいました。

ダムを見下ろす高台に、ダムに沈んだ14の集落にまつられていた御神体が一つの神社に集められていました。そのなかに木の頭部が2つ置いてあった。これは真澄が雪の中で見てびっくりした避疫神そのものなのか、もしくは、その子孫に当たる神様と考えられています。雪が比較的少ない年でしたが、膝までの雪をこぎ分けて行かなければならない場所にありました。残念ながら現在は頭部だけになってしまいましたが、どういった形をした人形だったか参考になる人形道祖神はあります。

桐内村の神社にまつられている御神体(写真:小松和彦氏提供)