arts center akita

  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • アートを楽しむ
  • プレスリリース

秋田公立美術大学ギャラリーBIYONG POINT
2020年度展覧会企画募集!

2019.12.24

秋田公立美術大学ギャラリーBIYONG POINT(ビヨンポイント)は、新たな芸術領域の創造を試みる実験的な展覧会企画を募集しています。募集は2020年2月12日(水)締め切り。展覧会のアイデア、お待ちしています!

秋田で行う展覧会のアイデアを募集します!

秋田公立美術大学ギャラリーBIYONG POINT(ビヨンポイント)は、大学が運営するギャラリーとして、実験的な展覧会やプロジェクトの企画を進めるとともに、より芸術に親しむ機会としてエデュケーション・プログラムを実践しています。

2回目となる本公募でも、ギャラリーの特性を捉えた、新たな芸術領域の創造を試みる実験的な展覧会企画を募集します。

■BIYONG POINTについてはこちら

応募について

<応募条件>
○本ギャラリーを会場及び起点として行う取り組みであれば、ジャンルは問いません。
○採用された際には、責任を持って提案内容を遂行すること。
○会期中に、トークイベントやワークショップ・パフォーマンスなど、展覧会を説明する関連企画を行うこと。
○書類審査を通過した際には、3月22日(日)〜25日(水)(いずれかの日程)に実施するプレゼン審査会に参加すること(秋田公立美術大学にて開催予定。※旅費・交通費は自己負担)。

<応募資格>
○個人またはグループ
○年齢・国籍・居住地は問いません(但し、NPO法人アーツセンターあきたとの連絡が円滑にとれること)

<展覧会実施期間> ※下記より希望を選択して計画
①2020年8月〜11月
②2021年2月〜5月

<提出書類>
・応募用紙(様式)
・企画書(様式自由 ※A4用紙3枚以内)
・予算書(様式自由)
◉上記の書類をメールもしくは郵送にて下記のお問い合わせ先までお送りください。持参する場合は、NPO法人アーツセンターあきたへ直接お持ちください。
◉2020年2月12日(水)18:00まで(郵送の場合は、当日消印有効)

【支援内容】
○作品制作費・イベント運営費・運搬費・交通費・広報費等に該当する一部補助費を支給(支給額は提出された予算書に基づき決定)。
○審査員/アドバイザーによる企画実施に向けたアドバイス
○NPO法人アーツセンターあきたのコーディネーターによる展覧会実施から撤収までのサポート
○広報協力(WEBへの情報掲載、プレスリリース作成・配信等)
○秋田公立美術大学の一部施設の利用
(「アトリエももさだ」や「アラヤイチノ・アラヤニノ・あらやさん(大学周辺の空き家)」について、レジデンスや制作スペースとして利用可能です。但し、授業等での使用が優先されます。)
参考URL https://www.akibi.ac.jp/campus/map

審査について

<採用件数>
1〜2件 ※審査の上、採用なしの場合もあり。

<スケジュール>
1次書類審査結果発表:2月下旬 ※応募者全員にメールにて通知
プレゼン審査会    :3月22日(日)〜25日(水)(いずれかの日程で開催)
採択通知書の送付      :3月末 ※通知後に事務局と協議の上、4月末までに補助費支給額と実施内容を確定
結果公表       :4月末 ※公式WEBにて公開予定

<審査基準>
○テーマ性   テーマの着眼点や動機付けが、これまでにない発想や探究心をそそるものになっているか
○チャレンジ性 実験的で且つ研究的要素が含まれているか
○場所性    BIYONG POINTの立地やコンセプトに沿った視点でテーマ設定がされているか
○展開の可能性 展覧会企画にとどまらず、今後の展開や拡がり、継続性が期待できるか

【留意事項】
・本公募で応募のあった提案内容を、採用の有無に関わらず、WEB等で公開する場合があります。
(公開の際は事前確認いたします)。
・展覧会開催の際のクレジットは、主催:秋田公立美術大学・NPO法人アーツセンターあきた、協力:CNA秋田ケーブルテレビ、企画:企画者・団体とします(他の助成や協賛の併用も可)。
・展覧会の記録(写真・映像・音声記録等)は、秋田公立美術大学及びNPO法人アーツセンターあきたが広報のために使用することがあります。

【ギャラリー使用にあたっての注意事項】
・利用可能時間帯 9:00〜18:00
・壁・天井へのビス打ちは可。但し、撤収時に原状復帰をおこなう事が条件。
・監視員の常駐はなし。併設する秋田ケーブルテレビのスタッフが開場と閉場を行います。
・CNAの受付スタッフに日々のメンテナンスを依頼する事は可(例:モニターのON OFF等)。
[所在地]〒010-0976 秋田市八橋南1丁目1-3 CNA秋田ケーブルテレビ内

【審査員/アドバイザー】
服部浩之(キュレーター、秋田公立美術大学大学院准教授)[審査員長]
岩井成昭(美術家、秋田公立美術大学教授)
瀬沼健太郎(ガラス工芸家、秋田公立美術大学准教授)
石山友美(映画監督、秋田公立美術大学助教)

応募要項ダウンロード(PDF)
■応募用紙ダウンロード(word/PDF

【お問い合わせ・書類送付先】
NPO法人アーツセンターあきた(担当:岩根・石山)
※平日9:00〜18:00 /土日祝及び年末年始(12/28〜1/5)は休業日となります。
〒010-1632 秋田市新屋大川町12-3 秋田公立美術大学アトリエももさだ
TEL:018-888-8137 FAX:018-888-8147
E-mail:bp@artscenter-akita.jp
WEB:https://www.artscenter-akita.jp


■よくあるご質問
■過年度採択企画

アーツセンターあきたは、秋田公立美術大学が設置したNPO法人です。
大学と地域をつなぎ、アートやデザインを用いたプロジェクトに取り組むことで、まちに驚きと発見を生み出します。

NPO法人 アーツセンターあきた
秋田県秋田市新屋大川町12-3  アトリエももさだ内