arts center akita

Projects プロジェクトに関する記事

Read more

怖れない朝を待つ。 西原珉評 岡本真実個展「ゲルマラジオ体操第一」

秋田公立美術大学ギャラリーBIYONG POINTで、2月28日(水)まで開催した岡本真実(秋田公立美術大学ビジュアルアーツ専攻3年)による個展「ゲルマラジオ体操第一」。作品を通じて “他者との干渉の方法を探る実験”を行う岡本の自作ラジオを用いた体験型インスタレーション作品などを展示した本展について、キュレーターで心理療法士の西原珉氏がレビューします。

新屋横断歩道橋が空の色に 地域の人々と色を選定

12色の「空の色」に彩られた歩道橋が完成しました!秋田公立美術大学近くにある「新屋横断歩道橋」(秋⽥市新屋⼤川町)。秋⽥公⽴美術⼤学は、歩道橋の補修に合わせて塗装する⾊を地域の人々と考える⾊彩デザインプロジェクトに取り組みました。3月27日にはプロジェクトに参加した人々が集まり、記念撮影などを行いました。

全国高校生 何でも、アリ。Creative Award 2023  金賞2組「かけがえのない思い出に」「これからのクリエイティブ人生を謳歌する」

秋田公立美術大学が主催する全国の高校生による主体的な表現を応援する公募事業「全国高校生 何でも、アリ。Creative Award 2023」。今回は176件の動画の中から、金賞に野外活動へ青春を託した愛知の高校生と、映画への憧れを胸に映像制作に没頭する鹿児島の高校生の2組が選ばれました。

こたつでのんびりラジオアンテナづくり 岡本真実個展「ゲルマラジオ体操第一」イベントレポート

秋田公立美術大学ギャラリーBIYONG POINTで、2月28日(水)まで開催した岡本真実(秋田公立美術大学ビジュアルアーツ専攻3年)による個展「ゲルマラジオ体操第一」。2月18日(日)には、こたつを囲んでみかんを食べながらラジオアンテナづくりをするワークショップを開催しました。どんな話題に花が咲き、どんなアンテナができあがったのでしょうか。当日の様子をレポートします。

2023年度 NEOびじゅつじゅんびしつレポート

秋田公立美術大学は、2023年度から11〜15歳を対象にしたワークショップを開催しています。その一つが、こどもたちの「やりたいこと」を後押しする「NEOびじゅつじゅんびしつ」。今年度は5人の挑戦を応援しました。5人の挑戦と報告会について、レポートします。

Columns & Interviews コラム&インタビュー

Read more

怖れない朝を待つ。 西原珉評 岡本真実個展「ゲルマラジオ体操第一」

秋田公立美術大学ギャラリーBIYONG POINTで、2月28日(水)まで開催した岡本真実(秋田公立美術大学ビジュアルアーツ専攻3年)による個展「ゲルマラジオ体操第一」。作品を通じて “他者との干渉の方法を探る実験”を行う岡本の自作ラジオを用いた体験型インスタレーション作品などを展示した本展について、キュレーターで心理療法士の西原珉氏がレビューします。

言語化されるのを待つものたち せきしろ評 佐藤ことみ個展「言葉の向こう、無効」

秋田公立美術大学ギャラリーBIYONG POINTで、1月28日(日)まで開催した佐藤ことみ(秋田公立美術大学大学院複合芸術研究科修士1年)による個展「言葉の向こう、無効」。「言葉」に焦点をあて、人とのコミュニケーションの齟齬や行き違いから生まれた作品を展示した本展について、作家で俳人のせきしろ氏がレビューします。

事務局長の旅日記Vol.5「チームワーク」

アーツセンターあきたの事務局長が、旅先で広めた見聞を旅日記にまとめる不定期のコラム。第5回は、約2ヵ月間5回にわたって東京と秋田を往復し、チームワークについて学び・考えた日々について。

白い「場所」あるいは「非-場所」 山川冬樹評 宮本一行個展「雪面の歩行 Walk on the Snow Field」

秋田公立美術大学ギャラリーBIYONG POINTで2023年12月25日まで開催した宮本一行個展「雪面の歩行 Walk on the Snow Field」。宮本が、雪面を歩き続けることによって得られた体験を再表象したサウンド・インスタレーションの展示について、美術家でホーメイ歌手の山川冬樹(秋田公立美術大学准教授)がレビューします。

言葉にしようとする前に、目から体液が漏れ出してきた。 大澤寅雄評「When we talk about us,」

ジェンダーを軸として他者との違いを受け入れること、受け入れないこと、と受け入れられないことをめぐるプロジェクト「When we talk about us,」が2023年11〜12月、秋田市文化創造館で開かれました。2つの展覧会とトークイベントや読書会など複数のイベントが開催された会場にて、自己と他者の交差点で何を思い、考え、何を守り、支えるのか。文化コモンズ研究所代表・主任研究員の大澤寅雄氏がレビューします。

写真:アトリエももさだの外観

つくるをつなぐ

arts center akita

 いま、ここをたがやす

About アーツセンターあきたについて

Read more

NPO法人アーツセンターあきたは、秋田公立美術大学の社会連携を担う学外法人として設立されました。秋田公立美術大学の多彩な研究や教育活動、幅広いネットワークを活かし、アートやデザインの力でさまざまなプロジェクトに取り組んでいます。

Programs 事業内容

アーツセンターあきたは、「リサーチ&コンサルティング」「プロジェクト・ハブ」「アーカイブ」の3つの事業を通して、人に、まちに、感動と発見をもたらします。

Publications 刊行物